Monotone minima

これはステージング環境です。5 秒後に自動的に本番環境 (https://dic.kimiyuki.net) にリダイレクトされます。リダイレクトを抑止したい場合は #noredirect を付けた URL /monotone-minima#noredirect を利用してください。
name
Monotone minima
short description
monotone minima とは、monotone な $H \times W$ 行列に対しその各行の最小値を $O(H + W \log H)$ で求めるアルゴリズムである。
input
monotone な $H \times W$ 行列 $f$
output
各行 $y$ に対し最小値の位置 $x \in \mathrm{argmin} _ x f(y, x)$
time complexity
$O(H + W \log H)$

説明

概要

monotone minima とは、monotone な $H \times W$ の行列 $f$ に対し、それぞれの行 $y$ の最小値の位置 (のうちのひとつ) $x \in \mathrm{argmin} _ x f(y, x)$ をまとめて効率よく求めるアルゴリズムである。 愚直には行列全体を走査して $O(H W)$ であるが、これを $O(H + W \log H)$ で行う。 動作原理は、行列として monotone であるとはそれぞれの列の最小値の位置が左上から右下へと並ぶことであるので、中央付近の行についてその最小値の位置を求めればその右上と左下の区画の探索を省略できるというものである。

詳細

行列に対する monotone の定義は、列に対する monotone (つまり単調性) の定義のひとつの一般化である。 列に関する (広義) 単調性の定義を関数の記法で書くと、次のような定義になる: 長さ $H$ の数列 $g : H \to A$ が (weakly) monotone であるとは、$y \lt y'$ ならば $g(y) \le g(y')$ であることを言う。 ただし $H, W$ は自然数とし $A$ は全順序集合とする。 これを行列に一般化して、次のような定義になる: $H \times W$ の行列 $f : H \times W \to A$ が (weakly) monotone であるとは、$y \lt y'$ ならば $\forall x \in \mathrm{argmin} _ x f(y, x).~ \exists x' \in \mathrm{argmin} _ {x'} f(y', x').~ x \le x'$ かつ $\forall x' \in \mathrm{argmin} _ {x'} f(y', x').~ \exists x \in \mathrm{argmin} _ x f(y, x').~ x \le x'$ であることを言う。 $\mathrm{argmin} _ x \dots$ が集合であることに注意したい。

なお、行列の各行が distinct であれば monotone の定義はより単純になる。 各行が distinct という仮定のもとでは、各行 $y$ ごとにその最小値を含む列が一意に定まるので、これを $x_y$ (ただし $x_y \in \mathrm{argmin} _ x f(y, x)$) とおく。 このとき monotone の定義は次と等しくなる: 各行が distinct な $H \times W$ の行列 $f : H \times W \to A$ が (weakly) monotone であるとは、$y \lt y'$ ならば $x_y \le x _ {y'}$ であることを言う。 つまり、各行が distinct な行列 $f$ が monotone であることは $(x_0, x_1, \dots, x _ {H-1})$ という数列が列として monotone であることと等しい。

monotone minima の具体的なアルゴリズムは次のようなものである。

  1. monotone な $f : H \times W \to A$ を (暗な形で) 入力として受け取る。
  2. 中央付近の行 $\bar{y} = \lfloor H / 2 \rfloor$ をとる。これに対して、その行 $\bar{y}$ の最小値を達成する列 $\bar{x} \in \mathrm{argmin} _ x f(\bar{y}, x)$ をなにかひとつ求める。
  3. 行列 $f$ の左上 $H' \times W' = \lbrace 0, 1, \dots, \bar{y} - 1 \rbrace \times \lbrace 0, 1, \dots, \bar{x} \rbrace$ について再帰する。
  4. 行列 $f$ の右下 $H'' \times W'' = \lbrace \bar{y} + 1, \bar{y} + 2, \dots, H - 1 \rbrace \times \lbrace \bar{x}, \bar{x} + 1, \dots, W - 1 \rbrace$ について再帰する。
  5. ステップ (3.) と (2.) と (4.) の結果をまとめ、$H$ 個の行それぞれの最小値の位置を出力として返す。

左上への再帰 (ステップ (3.)) において、列を $\lbrace 0, 1, \dots, W - 1 \rbrace$ という全体から $\lbrace 0, 1, \dots, \bar{x} \rbrace$ という $\bar{x} + 1$ 本のみに制限していることは、(weakly) monotone の定義により $y \lt \bar{y}$ ならば $\exists x \in \mathrm{argmin} _ x f(y, x).~ x \le \bar{x}$ であるために正当である。 右下への再帰についても同様である。

計算量について。$O(W)$ かけてある行の最小値の列を求め、$H' \times W'$ と $H'' \times W''$ であって $H' \approx H'' \approx H/2$ かつ $W' + W'' = W + 1$ なふたつの行列に対し再帰している。 これを $H/2 \times W$ なひとつの行列への再帰だと思えば $O(H + W \log H)$ であることが分かる。

その他

関連項目

外部リンク